title_bourakuterro.jpg

暴落テロリズムとは Edit

Notosフランスでは、貴金属、香辛料が主な交易品目です。これらの交易品をマルセイユ、モンペリエなどに持ち帰ることによって交易路が成り立っています。
しかし、マルセイユでは以前より持続して香辛料の相場を意図的に暴落させ、交易路の破壊をもくろむ暴落テロリストの活動が活発化しています。
また、El Oriente実装後はイベリアエリアで種子島銃が高く売れることから、モンペリエの火器相場を意図的に暴落させるという事例も発生しています。

暴落テロの手口 Edit

暴落テロリストは、相場が解消状態(暴落も暴騰もしていない状態)のときに現れ、マルセイユでは香辛料や貴金属、モンペリエでは火器を大量に売却して相場を暴落させます。
具体的には、120%など相場のいいときだけに限らず、90%台でこれから相場が上がっていくときにも暴落をさせることから、売却による利益確保ではなく交易路の破壊を目的としていることがうかがえます。

最近では体験版キャラクターを用いた暴落テロが行われています。このとき、テロの実行のために商会ショップから仕入れた香辛料を売るだけだと資金がなくなるため、実行犯に金銭を渡す必要があります。
そのため、暴落テロ実行犯の情報のみならず、金銭の受け渡しを行っているキャラクターも監視する必要があります。

Notosフランス議会の暴落テロ対策 Edit

Notosフランス議会では公式非公式を問わずあらゆる対策を講じるとともに、在マルセイユ商会とも連携し、暴落調整品の選定(議事録2009/12/23[外部リンク])、暴落調整品の品揃え強化要請などを行い、暴落テロ対策に取り組んでおります。
また、暴落テロリストの監視(スクリーンショットならびに動画の撮影)と情報共有を行っています。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-27 (土) 03:01:49 (2679d)